榊原税務労務会計事務所 公式ブログ

相続税/年金/会社経営に役立つ情報を発信!

消費税の軽減税率制度について確認しておくこと

2019年(令和元年)10月より消費税等の税率が8%から10%へ税率が引き上げられます。またこれに伴い、消費税の軽減税率制度が導入されます。軽減の対象となるものは、以下の2つです。

酒類・外食を除く飲食料品

②週2回以上発行される新聞(紙であるもの、かつ定期購読に基づくものに限る)

これらのものは、消費税の引き上げが実施されたあとも、現行と同じ8%(厳密には異なります。)が適用されることになります。したがって、10月以降は、8%の税率と10%の税率が混在してくることとなります。特に、飲食店や弁当屋などを営んでいる方にとっては、経理が複雑なものとなります。

 

私はハンバーガーが大好きですが、ハンバーガー屋さんで例えると、バンズ(ハンバーガー用のパンのことです。)やミートパティ(ハンバーグ)、レタスにチーズにソースなどの食材購入は8%だけど、ハンバーガーを包むための紙容器は10%になったりします。

反対に売るときは、ドライブスルーやテイクアウトなどの場合には8%で、店内で食事するときは10%となります。私は、よく某ハンバーガーチェーン店でハンバーガーを食べていますが、これからは持ち帰りにしなければなりません。それから、おもちゃ付きのハンバーガーセットの場合、おもちゃ自体に値段がつけられていなけらばすべて飲食物として先ほど述べたような判定をします。お店のオペレーションをしっかりと見直す必要があります。

また、先ほど述べたように税率が混在するということは、レジシステムや会計システムも導入・改修・入れ替えが必要になってきます。会計帳簿は、税率の異なるごとに記帳する必要があるため、もし手書きで会計帳簿を作成している方がいましたら、早急に会計ソフトを導入することをお勧めします。

 

経理側では、上記のほかにも、営業マンや現場担当者軽減税率制度が実施されることを周知し、領収書を精算する場合には軽減税率制度の対象品目をマークしてから提出するなどのルール作りをしておく必要があります。これをしておかないと、複数税率がぐちゃぐちゃになってしまいます。さらに、フィンテッククラウド型会計ソフトなどでよくあるクレジットカードのインターネット明細取り込みなどを利用している場合には、10%なのか8%なのかのすみわけが自動ではできないと思いますので、対応を検討しておく必要があります。

 

軽減税率制度開始にともない確認しておく必要がある項目をざっとならべてみましたので、参考にしてください。

 

[業務手順の見直しやレジ・システムの操作確認]

日々の商品管理や販売管理システムの見直し

税率区分に応じた経理処理の見直し

納品書や請求書などの帳票の見直し

 

[会計経理処理]

請求書等や会計帳簿の複数税率表記への対応

クレジットカードの利用明細を取り込んでいる場合の適正な区分記載

営業マンや現場担当者への領収書精算手順の確認

 

榊原税務労務会計事務所