榊原税務労務会計事務所 公式ブログ

相続税/年金/会社経営に役立つ情報を発信!

協会けんぽの都道府県毎の保険料率について

協会けんぽの「都道府県ごとの保険料率」は、基本的に会社の所在地(健康保険適用事業所の届出を行っている場所)の属する「協会けんぽ都道府県支部」によって保険料率が決まります。被保険者の住所や居住地ごとに保険料率が変わるわけではありませんので注意してください。

 また、事業所が別々の都道府県にある場合の取り扱いですが、本社が一括で「協会けんぽ」に申請している場合は、本社が申請している「協会けんぽ都道府県支部の保険料率」となります。

たとえば本社が愛知で事業所が岐阜と三重にあるケースで、本社が一括で「協会けんぽ愛知支部」に申請をしている場合は、岐阜と三重の事業所に勤めている従業員も協会けんぽ愛知支部の保険料率になります。
 一方、事業所ごとに申請しているケースでは、事業所ごとに保険料率が異なる場合もあります。なお、協会けんぽの健康保険証には「保険者名称」欄に「全国健康保険協会○○支部」と記載されていますが、その○○に入る都道府県名が適用されている「協会けんぽ都道府県支部ごとの保険料率」を表すことになります。

 

榊原大志社労士事務所