榊原税務労務会計事務所

愛知県刈谷市 - 榊原税務労務会計事務所 公式ブログ

Windows7のサポート終了迫る!

アクセスありがとうございます。愛知県刈谷市の税理士、榊原大志です。

タイトルのとおり、Windows7のサポート終了が迫っております。

 

サポート終了は2020年1月14日です。

この期間を過ぎての本OSを利用することは非常に危険です。

サポートが終了するとどんなことが起きるでしょうか?

 

まず、マイクロソフト社による公式のセキュリティ対策などのアップデートプログラムが配布されなくなってしまいます。OSは、リリースした後も、セキュリティ対策プログラムなどが提供されることで、セキュリティ対策やバグ修正などのメンテナンスが実施され、常に安心して利用することができますが、このアップデートプログラムが提供されなくなると、OSの脆弱性などが見つかったとしても、対策されず、ウィルス感染リスクや情報漏洩、データ消失リスクが高まってしまいます。

 

最近は、インターネット接続を前提としているアプリケーションが多いため、サポートが終了したOSでインターネットに接続し続けると、コンピューターウィルスの感染リスクなどが格段に上がってしまいます。

 

さらに、市販のセキュリティ対策ソフトなどは、本体のOSのサポート期間に合わせてワクチンが提供されていることが多いため、サポートが終了したOSでは、セキュリティ対策ソフト自体が無意味なものになってしまう可能性があります。

 

では、スタンドアローン[インターネットに接続せず、オフライン運用すること]であれば良いのか?という考える方もいると思いますが、例えばUSBやSDカードなどの外部ストレージがウィルスに感染しており、それを接続することでPCがウィルス感染してしまう場合もあります。また、LAN環境で他のPCと接続されていたり、スマートフォンなどのネットワークに繋がっている他のデバイスを接続することで、感染してしまう可能性もあります。

 

会計に関連することで言えば、特にクラウド系財務ソフトを古いPCで起動するのは非常に危険です。会社の財務情報や給与データ、従業員の特定個人情報等の情報漏えいリスクが高くなるため、リスク大です。特に財務会計ソフトや給与ソフトを入れているPCは、早めにWindows8.1かWindows10に移行すべきです。

 

最近は、非常に多くのクラウド型会計ソフトが登場してきています。インターネットに接続することを前提としていますので、古いPCで処理するのは絶対にやめましょう。