榊原税務労務会計事務所

【西三河】愛知県刈谷市 - 榊原税務労務会計事務所の公式ブログ

在職老齢年金の減額基準改定

アクセスありがとうございます。愛知県刈谷市の社労士 榊原大志 です。

在職老齢年金をご存知でしょうか?

在職老齢年金は、老齢厚生年金受給者の方が、年金をうけつつ社会保険(厚生年金)に加入して給料をもらっている場合に、年金額を減額(支給停止)する制度です。

 

具体的に言うと、給料(賞与は12分の1した金額を加算)と年金を合わせて一定額を超える場合には、その超えた分の2分の1(一定の場合を除きます。)が支給停止されます。

 

1.今まで

60歳~64歳 28万円

65歳~    46万円

 

2.これから

60歳~64歳 28万円

65歳~    47万円

 

社労士受験生の方は、改正点になるので注意が必要ですね。

 

この改正は賃金の伸びに伴って行われた改正のようですが、なぜ現役に近い65歳前の方は据え置きで、65歳以降の方だけ改正されたのでしょう?推測ですが、賃金の伸びに伴って現役世代の標準報酬が増加します。そうすると、現役世代の方々が将来受給する年金は老齢であれば65歳からとなります。(特別支給の老齢厚生年金は、男性の場合、昭和36年4月1日以前に生まれたこと。女性の場合、昭和41年4月1日以前に生まれたこと。が要件のため、今後は65歳以降に老齢年金が支給されることになります。)結果、標準報酬が増加することで、支給される年金額も全体的に増額することが見込まれますので、支給停止基準も46万円から47万円へ引き上げられたのではないかと思われます。

 

追伸

 

政府は在職老齢年金の制度自体を廃止する方向で検討しているようです。在職老齢年金制度が、高齢者の労働参加の足かせになっていることが原因だそうです。わたし的には、それは雇用保険で手当てしてくれればいいんではないかと思います。なぜ、財政のきつい厚生年金から支出して、比較的豊かな財政状況である雇用保険は、手をつけないのだろうと思いますね。

 

在職老齢年金は今後も緩和し、最終的には廃止の方向にいくんでしょうね。