榊原税務労務会計事務所

【西三河】愛知県刈谷市 - 榊原税務労務会計事務所の公式ブログ

遺族基礎年金とは

アクセスありがとうございます。愛知県刈谷市の社労士 榊原大志です。

 

年金受給者であった家族や身内などが死亡した場合には、様々な相続関連手続きが発生します。その手続きの中で忘れてはならないのが遺族年金の請求と未支給年金の請求です。そこで、今回は遺族基礎年金についてお話したいと思います。

 

1.遺族基礎年金とは

被保険者又は被保険者であった人が死亡した場合、その人の配偶者又は子に支給されます。

 

2.具体的な支給要件

 

①被保険者が死亡したとき

②被保険者であった人で、日本国内に住所があり、かつ、60歳以上65歳未満である人が死亡したとき

③老齢基礎年金の受給権者(保険料納付済期間等が25年以上である場合に限ります。)が死亡したとき

④保険料納付済期間等が25年以上ある者が死亡したとき

 

※①または②に該当するときは、一定の保険料納付済み要件を満たす必要があります。

 

3.遺族の範囲

死亡した人の、死亡当時に、その者によって生計を維持されていた配偶者又は子が対象となります。

 

子とは?・・・18歳に達した日以後の最初の3月31日までの子または20歳未満で障害等級に該当する障害状態にある子です。子は死亡した人の子であることが条件です。

配偶者は、上記の子と生計を同じくすることが条件です。

 

結果的に、子のある配偶者または子にしか支給されません。従って、子がない配偶者やその他の親族には支給されません。

 

4.年金額

年金額は定額です。平成30年度価額では779,300円です。これは保険料納付済期間の長短に関係ありません。さらに子については2人まで平成30年度価額で224,300円、3人目以降は74,800円が加算されます。

 

例)配偶者で子が1人の場合

779,300円+224,300円

 

例)子に支給される場合で、子が2人の場合

779,300円+224,300円

※子が1人の場合には、その子が受給権者となるため、224,300円の加算はされません。

 

5.失権

遺族基礎年金は、死亡したり、婚姻したりすると失権してしまいます。

 

※配偶者のみの失権事由

子がすべてなくなった(該当しなくなった)場合には、失権します。

 

※子のみの失権事由

自分自身が子に該当しなくなった場合

 

いかがでしたでしょうか、遺族基礎年金は対象となる遺族がかなり限定的ですので、受給できる方は少なそうですね。

 

 

 

 

榊原税務労務会計事務所は、法人税務はもちろんのこと、資産税務についても力を入れております。相続税のご相談は、資産税に強い榊原税務労務会計事務所まで!

相続が発生している場合はもちろんのこと、相続税の試算や節税対策など各種ご相談を承っております。相続対策は早ければ早いほど効果があります。

 

相続が発生したけど、相続税がかかりそうだ

非上場株式を持っている

事業承継を検討している

相続税を試算してみたい

 

こういったお悩みがある方は、お気軽にご相談ください♪