榊原税務労務会計事務所 公式ブログ

相続税/年金/会社経営に役立つ情報を発信!

医療費控除とは?

アクセスありがとうございます。愛知県刈谷市の税理士 榊原大志 です。

今回は、医療費控除の制度について説明させていただきます。

 

◆医療費控除とは?

所得税法における税金の減額措置で、対象となる医療費を一定額以上支払った場合に、課税対象となる所得から一定額を控除することができる制度です。

具体的には、その年の1月1日から12月31日までの間に自己又は自己と生計を一にする配偶者やその他の親族のために医療費を支払った場合において、その支払った医療費が一定額を超えるときは、その医療費の額を基に計算される金額の所得控除を受けることができます。

 

◆医療費控除の対象となる金額とは?

 

医療費控除の金額は、次の式で計算した金額(最高で200万円)です。


 (実際に支払った医療費の合計額-(1)の金額)-(2)の金額

 

(1) 保険金などで補填される金額

(例) 生命保険契約などで支給される入院費給付金や健康保険などで支給される高額療養費・家族療養費・出産育児一時金など

(注) 保険金などで補填される金額は、その給付の目的となった医療費の金額を限度として差し引きますので、引ききれない金額が生じた場合であっても他の医療費からは差し引きません。

(2) 10万円
(注) その年の総所得金額等が200万円未満の人は、総所得金額等の5%の金額

 

◆実際にいくら差し引けるの?

例えば、給与所得者で総所得金額が200万円以上の方の医療費(控除対象となる諸条件は満たしているものと考えてください。)が20万円あったとします。

その場合には、単純に10万円が控除の対象となります。

※200,000円-100,000円=100,000円

つまり、給与所得の額から100,000円を差し引くことができます。

 

◆医療費10万円未満でも、控除対象となるケース

上記の算式の(2)注書きに、「その年の総所得金額等が200万円未満の人は、総所得金額等の5%の金額」とあります。総所得金額とは、各種所得を合算した金額と考えてください。(給与収入のみのかたは、給与所得と考えてください。)つまり、所得が200万円に満たない方は、注書きにより(2)の最低10万円のラインが下がってくる可能性があります。特に、給与収入や年金収入が主な方は、これに該当してくる可能性があるため、覚えておくと良いと思います。

 

確定申告のご相談は、榊原税務労務会計事務所まで!