榊原税務労務会計事務所

【西三河】愛知県刈谷市 - 榊原税務労務会計事務所の公式ブログ

愛知県刈谷市 会計ソフトfreee(フリー)やMFクラウド会計をご利用なら!

アクセスありがとうございます。

愛知県刈谷市の税理士、社会保険労務士榊原大志と申します。

 

会計ソフトfreee(フリー)は、クラウド型会計ソフトで日本ナンバー1を獲得しています。まず、従来型の会計ソフトと何が異なるかと申しますと、従来型の会計ソフトはすべてPC内のアプリケーションで動作します。一部インターネット環境を必要としますが、基本的にデータ保存等は自分のPCもしくは社内サーバーとなります。

クラウド型にも2種類あります。

 

まずは、Saas方式です。これは、デスクトップアプリでクラウドからデータをダウンロードする方式です。TKCのFX4クラウド勘定奉行クラウドなどがこの方式です。

次に、オンブラウザ型です。これがfreeeやMFクラウド会計です。

 

デスクトップアプリ型の場合、操作が非常に軽いです。インターネット通信を必要とするクラウド会計と異なり、PC内ですべて完結するため、速度に影響するのはPCの性能ぐらいです。

 

それに対して、クラウド会計は常にインターネット通信をしますので、Wi-Fi環境だったり、回線自体の混雑(例えばマンションでインターネット通信が多くなる時間帯など)によって劇的に遅くなったりします。

 

クラウド会計の強みは、インターネット関連サービスの連携機能がかなり強化されている点です。インターネット上には、会計ソフトの他にも経費精算システムや請求書システムやインターネットバンキングや給与計算ソフトといったファイナンス関連のサービスがゴロゴロしています。クラウド会計はそれらと強力に連携することで、今まで人が入力していたことの大半を自動化することができます。

 

もちろん、デスクトップアプリ型の会計ソフトメーカ各社も仕訳連動機能の開発は負けてはいませんが、大がかりなカスタマイズが必要となり、一般中小企業ではなかなか手が出しにくいコストが発生してしまいます。

 

その点、クラウド会計はコストが非常に低く抑えられているため、誰でも手間なく簡単に記帳できる仕組みが作りやすいです。

 

これから起業しようとする方や、今まで白色申告で帳簿を作成していなかった方(今は白色申告でも帳簿の作成義務があります)は、クラウド会計ソフトを利用してみてはいかがでしょうか。

 

もし導入方法がわからない場合には、当事務所にご相談ください!

クラウド会計ソフトの導入コンサルティングを実施させていただきます。

榊原税務労務会計事務所 | 愛知県刈谷市の税理士と社会保険労務士事務所