榊原税務労務会計事務所

【西三河】愛知県刈谷市 - 榊原税務労務会計事務所の公式ブログ

個人税理士と税理士法人の違い

アクセスありがとうございます!

愛知県刈谷市の税理士 榊原大志 です!

 

個人税理士と税理士法人の違いについて聞かれることがあります。

 

個人税理士は個人事業主として税理士業務を行う人で、比較的小規模な事務所が多いです。

 

私の事務所も個人事務所です!

 

それに対して、税理士法人というのは、税理士業務を法人格で行なっている事務所です。

 

それぞれにメリットデメリットが存在します。

 

まず個人事務所のメリットは

 

職員と税理士の距離が近いことです。

別にアットホームと言ってるわけではありませんが、担当者は税理士か、税理士でなくとも税理士直属の部下が担当となり、常に税理士の指導を受けられる体制が整っています。

 

担当変更も比較的少ないです。

 

デメリットとしては、事務処理能力が高くないため、大手上場企業グループなどで納期が短いケースでは対応できない場合もあります。

 

また

 

その事務所の能力=税理士の能力

となり、勉強されている先生なら良いのですが、勉強していないと。。。

その場合、強力な事務員がいて、先生をサポートしている場合もあります。

 

では税理士法人の方が良いかというとそうでもないです。

 

税理士法人のメリットは

 

事務処理能力が高く、納期が短いケースに対応でき、さらに財務税務デューデリジェンスといったチーム作業が得意です。

また税理士法人なので、税理士死亡という事態がありません。詳しくは書きませんが、制度上2名以上税理士が常駐しています。

そういった意味から税理士法人を希望する方もいます。

 

デメリットは

 

担当変更が多いです。

顧問料相場が下がっている昨今、大規模な法人を維持するには、給料を下げたり、長時間残業をさせたりしてなんとか凌いでいるのが現状です。そのため、人の入れ替わりが激しく安定していないのが実情です。

 

簡単に書きましたが、個人と法人それぞれにメリットデメリットがありますので、これから税理士を選ぶ経営者の方は参考にしてみてください!