榊原税務労務会計事務所 公式メインブログ

2018年8月1日 愛知県刈谷市にて開業した榊原税務労務会計事務所の公式ブログです!

キャッシュフロー計算書の大切さ

アクセスありがとうございます。愛知県刈谷市の税理士 榊原大志 です。

 

独立開業の準備をしていますと、予算のほか資金繰りがとても大切だと感じることがあります!

 

今回はキャッシュフロー計算書についてかかせていただきます。

 

企業経営で大切なことはたくさんあると思います。

 

税務会計的なところで話をすると、損益計算書がとても大切なことはよくわかると思いますが、

 

それと同じくらい重要な計算書類にキャッシュフロー計算書があります。

 

キャッシュフロー計算書は文字通りお金の流れを示して計算書で、

 

営業活動に関するキャッシュフロー

投資活動に関するキャッシュフロー

財務活動に関するキャッシュフロー

 

で表示されます。

 

企業運営で資金繰りを考えることはとても大切です。

例えば売り上げがすごく伸び、売掛金が増加した場合、損益計算書上では利益の増加要因となります。

 

しかしキャッシュフロー計算書では現金の減少要因となります。

 

売上が伸びたのに代金回収が進んでいない場合、キャッシュが少なくなり、資金繰りが厳しくなります。

 

逆に仕入れが多くなり買掛金が増加した場合は

 

利益の減少要因となりますが、

資金繰りを考えた場合は現金の増加要因となります。

 

予算を組む際にも損益計算書のほか、キャッシュフロー計算書の予算も組むと良いです。

 

 

月ごとで必要なキャッシュ残高を達成するために、計画した予算損益計算書をもとにキャッシュフロー計算書を作成してみると、実際に達成可能な予算なのかを資金繰りという観点から確認することも可能です。

 

是非、キャッシュフロー計算書についても確認してみてください(^^)