榊原税務労務会計事務所 公式ブログ

2018年8月1日 愛知県刈谷市にて開業予定!

Fin Techと税理士業務

アクセスありがとうございます!

愛知県刈谷市の税理士 榊原大志 です。

 

皆さま、フィンテックという言葉はご存知でしょうか?

 

Wikipediaによると

 

フィンテック、Fintechとは、FinanceとTechnologyを組み合わせた造語であり、ファイナンス・テクノロジーの略。「ICTを駆使した革新的、あるいは破壊的な金融商品・サービスの潮流」などの意味で使用される。

 

とあります。

 

簡単に言うと、インターネットに接続して金融ファイナンスに関するデータを効率良く利用して、色々なことに役立たせるサービスのことです。

 

税務会計の分野で言うと、インターネットバンキングやクレジットカードの利用明細データをインターネット経由で入手し、仕訳を作成することがなどが挙げられます。

 

政府も書類の電子化を目指しており、税務会計についても証憑や総勘定元帳などを電子保存することが可能です。(要承認申請)

 

我々の業界の中には、税理士の仕事が無くなる!フィンテックやAIなど必要ないと否定的な見方をしている先生も多いです。

 

しかし私はその逆で、電子化効率化できるところは積極的にすべきだと思っています!

 

算盤から電卓に変わったり、手書帳簿が会計ソフトに置き換わった時に、税理士の業務が無くなったかと言うとそんなことは無く、税理士業務の取り組み方が変わっただけです。

 

 

ぶっちゃけ、帳簿記帳とか領収書貼りとか面倒くさいですし、商売に必要の無い紙がどんどん溜まって行くのって、無駄以外の何物でも無いと思います。

 

税務会計が会社経営の足枷になったら意味が無いと思います!

 

経営者の方が経営に集中でき、従業員の方が自分の業務に集中できる環境を提案することが、

 

我々税理士の役目だと思っております!